【2021年】TradingViewのサイバーマンデー特集!いつから?割引は?徹底解説!

Tradingviewのサイバーマンデーを徹底特集!

現在(2021年11月30日時点)TradingViewでサイバーマンデーセールが開催中です!

この記事では2021年度のTradingViewのサイバーマンデーセールについて、割引後の料金や各プランでどんな機能が使えるかを詳しく解説していきます!

※2021年度のサイバーマンデーセールは終了しました。当ページでは、TradingViewの有料プラン相当が無料で使えるFX業者も合わせて解説しています。

みんなのFXでTradingView有料版が無料で使える!

みんなのFX

人気の国内FX業者の1つ、みんなのFXにてTradingViewを搭載した取引ツールが利用できるようになりました。

最大6画面分割や80種類以上のテクニカル指標と描画ツール、比較チャートなどTradingViewのPREMIUMプラン(月額約6,000円)相当の機能が無料で使えます(※)

利用条件はみんなのFXで口座開設をするだけ。TradingViewの有料プランを検討されている方はみんなのFXもぜひチェックしてみてください!

※一部搭載していない機能があります。

そもそもサイバーマンデーって何?

Tradingviewのサイバーマンデーセール

サイバーマンデーとは、ブラックフライデーの翌週の月曜日にオンラインショッピングの利用が急増することから名づけられた日のことをいいます。

ブラックフライデーとは?

ブラックフライデーは米国で11月第4週の木曜日に行われる感謝祭(サンクスギビング)の翌日です。感謝祭は米国で休日となり、家族や親戚が集まることからその翌日に実店舗でショッピングをする人が増えます。小売店は売上が黒字(ブラック)になることから、ブラックフライデーと名付けられています。

ブラックフライデーは11月第4週の金曜日に開催され、土日を挟んで翌週の月曜日がサイバーマンデーとなります。

感謝祭での集まりから帰宅した人が週明けの月曜日にオンラインショッピングすることが多いため、毎年サイバーマンデーではオンラインショッピングで大規模なセールが行われます。

TradingViewのサイバーマンデーセールはいつから?

2021年のサイバーマンデーは11月29日(月曜日)ですが、TradingViewでは例年、ブラックフライデーセールとサイバーマンデーセールが継続して開催されます。

今年のセールは2021年11月22日~12月1日17:00までの10日間です。毎年セールの内容は同じで、各プランの1年まとめ払いが大幅に割引されます。

TradingViewのブラックフライデーについては、別記事でも解説しています。

TradingViewのサイバーマンデーは最大60%オフ!

Tradingviewのサイバーマンデーを徹底特集!

トレーディングビューの料金プランは無料プランの「BASIC」と有料プランの「PRO」「PRO+」「PREMIUM」の計4種類です。支払い方法は月払いと年払いの2種類に対応しています。

以下に各プランごとの通常料金を一覧表でまとめてみました。

通常時のTradingView各プラン料金比較表

料金/プラン BASIC PRO PRO+ PREMIUM
月次 無料 1,704円
14.95ドル
3,414円
29.95ドル
6,834円
59.95ドル
1年プラン総額 無料 17,670円
155ドル
34,086円
299ドル
68,286円
599ドル

※2021年11月15日時点の料金を掲載(1ドル114円で換算、小数点以下切り捨て)。
※1年プランの総額は【総額ドル×114円】で計算。
※料金プランは随時変更されるため、最新プランの料金は公式HPをご確認ください。

BASICプランでは機能制限がある代わりに料金は一切かかりません。有料プランでは、プラン毎に便利な機能が解放されていきます。

料金としては、PROプランが月額1,700円、PRO+が月額3,400円、PREMIUMが月額6,800ほど(月払いの場合)です。

1年分をまとめて払うと各プランともに16%の割引が効きます。長期的な運用を検討している場合はまとめ払いの方がお得ですね。

TradingViewの料金は米ドル表記なので、プラン購入時の米ドル円の為替レートによって料金が多少前後します。支払い方法は各種クレジットカード決済、ペイパルでの支払いにも対応しています。

TradingViewのサイバーマンデーセール割引後の料金比較

TradingViewのサイバーマンデーセールでは、1年まとめ払いの総額料金から各プラン毎に設定された割引が行われます。

月払いでは割引が効かない点にはご注意ください。以下では、2020年度のサイバーマンデーセールを参考に、今年(2021年度)にも同じ割引が行われた場合の料金を比較してみました。

料金/プラン BASIC PRO PRO+ PREMIUM
1年プラン総額 無料 17,670円
(155ドル)
34,086円
(299ドル)
68,286円
(599ドル)
割引後 無料 約10,602円
(40%割引)
約17,043円
(50%割引)
約27,314円
(60%割引)

例年通りであれば、各料金プランともに大幅な割引が行われます。さすが1年に1度のチャンスといったところでしょうか。

PROプランでは、約7,000円、PRO+では約17,000円、PREMIUMにいたっては約40,000円近い値引きが行われます。この料金で1年間、TradingViewの有料プランが使えるのは非常にお得。

ブラックフライデーとサイバーマンデーのセールは毎年行われているため、この期間に1年プランを契約し来年も継続すれば、長期的にかなりの運用コストを削減できます。

次は、各プランで利用できる機能、スペックについて解説していきます。

TradingViewのプラン別機能一覧表

Tradingviewはプラン毎に利用できる機能に制限がある!

機能/プラン BASIC PRO PRO+ PREMIUM
広告の表示
同時アクセス可能なデバイス数 1 1 2 5
タブ毎のチャート数 1 2 4 8
保存可能なチャート数 1 5 10 無制限
チャート毎のインジ表示数 3 5 10 25
アラート設定数 1 20 100 400
顧客サポート × 通常 優先 最優先

まず、TradingViewの無料プランではチャート画面に広告が表示されます。一定時間毎に表示されるため、長時間チャートを見る場合は広告はない方がストレスが溜まりません。有料プランではこの広告の表示が無くなります

次に、同時アクセス可能デバイス数がPRO+、PREMIUMではそれぞれ2台、5台に増えます。別々のPCでTradingViewを使いたい場合、BASICとPROプランでは機能制限がかかります。ちなみに、PCとスマホアプリでは無料プランのBASICでも2台まで利用可能です。

タブ毎のチャート数とは1つのタブに同時に表示できるチャート数のことを指します。画面分割をしたい場合、2分割であればPRO、4分割であればPRO+、8分割ではPREMIUMとなります

もっとも、1つのタブに同時に表示できるチャート数なので複数のタブを開けば各プランで利用できる画面分割ができます。PRO+を契約し2つのタブで4画面分割をすれば、8画面分割も可能です。

その他には同時表示できるインジケーター(テクニカル指標)の数や設定できるアラート数によってプランが分かれています。自分のトレードスタイルに応じて最適なプランを選んでみてください。

どのプランでも1カ月の無料期間があるため、無料期間中に有料プランをお試しで使うことができます。「いきなり有料プランを契約するのは不安」という方はお試し期間を活用するのがおすすめです。

みんなのFXではPREMIUM相当の機能が無料で使える!

TradinViewみんなのFX

国内FX業者のなかでも最狭水準のスプレッドを配信しているみんなのFXでは、TradingViewを標準搭載した取引ツール(FXトレーダー)を提供しています。

みんなのFXのTradingViewでは、最大6画面分割や87種類のテクニカル指標、81種類の描画ツールがすべて無料で利用可能

TradingviewのみんなのFX

実際に使ってみると分かるのですが、本家のTradingViewと遜色のない機能性です。見やすいチャート画面に画面分割によるマルチタイムフレーム分析や多通貨監視、テクニカル指標も最大8個まで同時表示可能

みんなのFX、TradingViewの基本スペック表

利用形式 テクニカル指標 描画ツール 足種
ブラウザ表示 87種類 81種類 12種類
チャート複数表示 チャートタイプ 比較チャート 対応OS
最大6チャート 7種類 Windows、Mac

TradingviewのみんなのFX

6画面分割はPREMIUMプラン(年額約68,000円)ではじめて利用できる機能です。テクニカル指標の同時表示も最大8個が表示できるのはPRO+以上のプランです。

利用条件はみんなのFXで口座開設をするだけもちろん、口座開設費や維持費もかかりませんまた、みんなのFXは初回入金額の制限もないため、TradingViewのPREMIUMプラン相当を無料で使うことができます

一部、利用できない機能もありますが「固定費はできるだけ抑えたい」「チャートツールにはお金をかけたくない」という方はみんなのFXをぜひチェックしてみてください。

みんなのFX 公式サイト

ゴールデンウェイ・ジャパンでもTradingView搭載ツールが利用可能!

FXTF GX

ゴールデンウェイ・ジャパンでもTradingView搭載の新取引ツール「FXTF GX(ジーエックス)」をリリースしました。

スペックとしては、みんなのFXの方が機能性が高いですがシンプルにTradingViewのチャートを表示させたい方は「FXTF GX」もおすすめ。

これまでデモ版のみのリリースでしたが、2021年11月15日にはライブ口座(本番口座)も公開されています。別記事でも詳しく解説しているので、気になる方はご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました