アマゾン(Amazon)株の買い方を解説!「いくらで購入可能?」「取扱業者は?」などの疑問にお答え

アマゾン(Amazon)株の買い方を徹底解説

ここでは、アマゾン(Amazon)株の購入・取引の方法を徹底解説しています。

「アマゾン株は日本円で1株いくらで購入できるのか?」「現物株を購入できるおすすめ業者は?」「アマゾン株のCFD取引ができる業者は?」といった疑問にお答えします。アマゾン(Amazon)の概要と、業績・近況も併せて紹介。

アマゾン株の取引をされたい方、取引ができる業者のメリットを知りたい方、米国株への投資を検討されている方はぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

アマゾン株を購入・取引できる業者一覧

CFD取引イメージ

次にAmazon株の現物取引またはCFD取引に対応しているおすすめの業者を紹介しています。口座開設をしていただければ、Amazon株の取引が可能。気になる業者があれば公式サイトもチェックしてみてくださいね。

現物取引対応おすすめ業者一覧表

ネット証券会社 最小取引単位 取引手数料 取引時間 業者の特徴 公式サイト
[DMM 株]DMM 株 1 無料(※1) 23:30〜翌6:00 DMMグループのサービス
高品質ツール対応
詳細
[SBI証券]SBI証券 1 税込0.495 23:30〜翌6:00 米国株式4,200銘柄に対応
投資情報が充実
詳細
[楽天証券]楽天証券 1 税込0.495 23:30〜翌6:00 楽天グループの大手ネット証券
機能性抜群のスマホアプリ
詳細
[マネックス証券]マネックス証券 1 税込0.495%(※2) 12:00〜17:00、22:00〜翌10:00(※3) 米国株式約3,700銘柄に対応
投資情報が充実
詳細
[PayPay証券]PayPay証券 1,000 (※4) 24時間(※5) 1,000円から取引可能
初心者おすすめのスマホ証券
詳細

(※:取引時間は標準時間の情報を記載しています)
(※:SBI証券、楽天証券、マネックス証券の取引手数料は約定代金によって変動します。詳細はSBI証券の基本情報楽天証券の基本情報マネックス証券の基本情報をそれぞれご確認ください)
(※1:DMM 株は円貨決済のみで為替手数料が1ドルあたり25銭発生します)
(※2:マネックス証券の上記手数料は米国株委託取引の取引ルール。12:00〜17:00の時間帯で取引可能な米国株国内店頭取引の場合は、現地市場の終値等をベースとした基準となる価格に概ね1.5%のスプレッドが含まれます)
(※3:マネックス証券は米国株国内店頭取引と米国株委託取引に対応しており、12:00〜17:00の取引時間は国内店頭取引が対象、22:00〜翌10:00(標準時間)の取引時間は委託取引が対象)
(※4:PayPay証券では取引価格に取引手数料相当額が含まれます)
(※5:株式市場が休場の時間または売買状況により、一時的に株式が売切れて買付けできない・買取り枠の上限に達して売却できない場合があります)

 

【マネックス証券】日中の米国株取引が可能!
【マネックス証券】日中の米国株取引が可能!

マネックス証券は米国株の「国内店頭取引」と「委託取引」の両方に対応。従来は後者の委託取引のみ対応で、日本時間だと夜間から翌朝のみが取引可能時間だったのですが、国内店頭取引の対応により日中(日本時間12:00〜17:00)も米国株の取引可能時間となりました。

国内店頭取引で取り扱っている銘柄はアマゾンやApple、テスラなどNYダウ工業株構成銘柄等を参考とした30銘柄のみ。ですが、今後は要望に応じて対応銘柄を順次拡大していく予定とのこと。

日中に米国株を取引できるのはメリットなのですが、マネックス証券の国内店頭取引の場合は取引価格にスプレッド(現地市場の終値より買付提示価格は概ね1.5%高く、売付提示価格は概ね1.5%低くなります)が加減されますのでご留意を。

CFD対応おすすめ業者一覧表

CFD取扱業者 取引手数料 最低手数料 取引時間 株式CFD取扱数 公式サイト
[IG証券]IG証券 片道2.2セント/1株 16.5ドル 18:00〜翌10:00(※1) 約12,000銘柄 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 無料(※2) 無料(※2) 23:30〜翌6:00 85銘柄 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 0.15 5ドル 23:30〜翌6:00 約9,000銘柄 詳細

(※:取引時間は標準時間の情報を記載しています)
(※1:月曜〜木曜の取引時間は18:00~翌10:00、金曜のみ18:00~翌7:00となります。夏時間は取引終了が1時間ずつ早まり、それぞれ翌9:00まで、翌6:00までとなります)
(※2:取引手数料は無料ですがそれとは別にスプレッドが発生します)

アマゾン(Amazon)について

アマゾン(Amazon)について

アマゾンの概要

Amazon.comは1994年創業のネット通販事業などを展開する、言わずと知れた米国の大手企業です。米国をはじめヨーロッパ圏、中国や日本などのアジアを含め世界各地でサービスを展開。20数年でその事業も認知度も急速に拡大し、日本でもAmazonのサービスが広く日常に浸透しています。

アマゾンはネット通販事業をはじめ、クラウドサービスの「アマゾン・ウェブサービス(AWS)」、動画配信サービスの「プライム・ビデオ」、人工知能である「Alexa」を搭載したスマートスピーカーの展開などでも知られています。

ネット通販ではユーザーの利用傾向に応じて商品を勧めるシステムが先進的であり、プライム会員に入れば配達サービスでいくつかの優遇を受けられる他、同時に「プライム・ビデオ」や「プライム・ミュージック」などのサブスクリプションサービスを自由に利用できるようになるなど、多くの特典が得られるのも魅力。

アマゾン(Amazon)について

「プライム・ビデオ」は既存の映画やドラマを見放題になるのはもちろんのこと、Amazonオリジナルの作品も充実しています。海外ドラマも国内のドラマも揃っており、そのラインナップは膨大。

一般ユーザー向けとしてはネット通販事業が目立ちますが、クラウドサービスの「AWS」がインフラとしてのクラウド市場で世界最大級のシェアを誇るという事実も重要です。ネット通販と併せて「AWS」がアマゾンに多大な利益をもたらしています。

業績・近況(2021年8月更新)

アマゾン(Amazon)の業績・近況

(※:単位は百万ドル)
(※:出所 Amazon決算資料(2021 Q2)をもとにFXナビ作成)

2020年第4四半期(Q4 2020)はネット通販事業、AWS、サブスクリプションサービスともに好調で、売上高が1,255億ドルを超えて前年同期比で44%増、四半期ベースで売上高が初めて1,000億ドルを突破するという実績を残していました。

2021年第1四半期(Q1 2021)も前年同期比で44%増となる1,085億1800万ドルとなって好調を維持。新型コロナウィルス蔓延の状況が続き、実店舗ではなくオンラインでの商品購入に拍車がかかり、プライム・ビデオをはじめとしたサブスクリプションサービスへの需要が高まったことも要因として挙げられるでしょう。

また、AmazonはクラウドサービスのAWSの業績好調も利益を大きく後押ししており、Amazonの自社サイトにおける広告事業の発展も目覚ましい成果を上げています。

2021年第2四半期(Q2 2021)は前年同期比27%増となる1,130億8000万ドルで、市場予想の1,152億ドルを下回る結果にはなりました。第1四半期の増加率と比べると成長ペースは下がっていますが、今後の状況に注目です。

アマゾン(Amazon)株の買い方は?

アマゾン(Amazon)株の買い方は?

アマゾン株の購入・取引をする方法はいくつかありますが、ここでは特におすすめの「現物取引」と「CFD取引」を紹介します。

「現物取引」について

SBI証券のサービス

「現物取引」はAmazonの株を購入するためのスタンダードな取引方法。Amazonの株価が今後上昇すると見込まれる場合や、同社に将来性を感じて投資を行いたいという場合におすすめです。ちなみに、Amazon株には配当金の支払いはありません。

Amazonなどの米国株式の現物取引を利用するには、まず対応している証券会社で口座開設を行う必要があります。SBI証券や楽天証券、DMM 株などで米国株式の現物取引が可能。

いずれも口座開設手数料は無料となっています。現物取引対応のおすすめ業者はこちらにまとめていますので、気になる業者があれば公式サイトをチェックしてみてくださいね。

口座開設が完了した後は、取引に必要な資金を口座に入金し、取引したい銘柄を選択・購入という流れになります。Amazon株がいくらで購入できるのか?という点が気になる方は、こちらをご参照ください。

「CFD取引」について

アマゾン(Amazon)株の購入・取引ができる業者一覧

「CFD取引」は現物を保有することなく、株価の上昇または下落により生じる価格差によって利益を狙える取引手法となります。CFD取引には現物取引にはない多くの特徴を持つのですが、「レバレッジをかけられる」という点にご注目を。

レバレッジと聞くと、米ドル円などを対象としたFX取引を思い浮かべる方が多いかもしれません。実はFX取引もCFD取引の一種です。FX取引と同様に、AmazonのCFD取引でもレバレッジをかけることが可能です。

ただしレバレッジ倍率はFXと異なります。国内のCFD取り扱い各社では、Amazonを含む株式CFD取引にて最大5倍のレバレッジを利用可能。

CFD取引のメリット

レバレッジを利用できるので、現物取引よりも少ない金額(証拠金)から取引を始められるのが特徴です。具体的にいくらからCFD取引を始められるのかはこちらをご参照ください。

また、CFD取引は買いからだけでなく売りからも注文を始められるのがポイント。上昇相場はもちろん下落相場でも利益を狙えます。

CFD取引を利用される場合も、現物取引と同様に対応業者での口座開設が必要となります。GMOクリック証券やIG証券などが、Amazon株を含む株式CFDに対応。いずれも口座開設手数料は無料です。

株式CFDに対応している国内業者はまだまだ少ない現状です。CFD取引対応のおすすめ業者はこちらにまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Amazon株は日本円でいくらで購入可能?

Amazon株は日本円でいくらで購入可能?

次に、アマゾン株はいくらで購入・取引できるのか?という疑問にお答えします。Amazonを含む米国株は1株単位から購入できますので、1株いくらから取引できるのかを紹介。

当然ながら株価は随時変動しますので、ここでは調査時点での情報を掲載しています。実際に取引される際は最新の株価情報をご確認ください。

「現物取引」の最低購入金額

  • 約364,300円(1株単位、2021年10月4日時点)

上記の購入金額は調査時点でのアマゾンの株価にドル円レートをかけた数値です。1株単位でも額が大きくはなりますが、Amazonに投資をされたい方や、レバレッジをかけずにリスクを抑えたい方には現物取引がおすすめ。

 

PayPay証券なら1,000円から購入可能!
PayPay証券

もっと少額からAmazonなどの米国株式を取引したい!という方にはPayPay証券がおすすめです。PayPay証券は1株単位ではなく、最小1,000円から米国株の買付が可能。

PayPay証券は1,000円という少額からAmazonなど有名企業の株主になれるだけでなく、スマホアプリから簡単な操作で株の購入ができるのも魅力。投資初心者の方におすすめの証券会社です。

同社はSBI証券などと比べて取り扱い銘柄数が少なくなってはいますが、AmazonやAppleなどの有名企業を取り扱っており、それらを1,000円という少額から購入できます。また、スマホアプリから簡単な操作で株の購入ができるのも魅力。投資初心者の方におすすめの証券会社です。気になる方はぜひ公式サイトもチェックしてみてくださいね。

「CFD取引」の最低証拠金

  • 約72,900円(1株単位、2021年10月4日時点)

上記の最低証拠金は「Amazonの株価(米ドル)×ドル円レート×20%(レバレッジ5倍)」の計算で算出した調査時点での数値です。Amazonを含む株式CFDでは5倍のレバレッジをかけることができますので、現物取引よりも少ない額の証拠金から取引が可能。

Amazonの株価は高く、普通に購入すると1株でもそれなりの金額となりますので、資金効率を優先される場合はCFD取引がおすすめです。ただし現物取引よりもリスクは大きくなるという点にはご注意ください。

 

アマゾン株の現物取引ができる業者を解説!

DMM 株

DMM 株のサービス

DMM 株はDMMグループが運営しているネット証券会社です。DMM 株はAmazonを含む豊富な株式取引に対応しているのも魅力ですし、手数料が業界最安水準であることもポイント。米国株取引に関しては手数料無料となっています。手数料を抑えてAmazonなどの米国株を購入されたい方は要チェック。

DMM 株は米国株式を信用取引の担保にできたり、保有している株式時価の70%相当額をFX取引の証拠金として利用できたりと、独特なサービスにも対応しています。ただ株式を保有するだけではなく、さらにそれを他の商品で活用したいという方におすすめ。

また、DMM 株はオンライン上での本人確認に対応しており、口座開設手続きを始めてから最短でその日の内から取引を始めることが可能です。「スマホでスピード本人確認」を利用した場合に限り最短即日での手続き完了ができますので、スムーズに口座を開きたい方はぜひご活用を。

DMM 株 アマゾン株取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 無料(※)
取引単位 1株以上、1株単位
取引時間 【標準時間】23:30〜翌6:00
【夏時間】22:30〜翌5:00
注文方法 指値注文、成行注文、IFDONE注文
PC取引ツール DMM株 PRO+(インストール型)、DMM株 STANDARD(ブラウザ利用)
スマホアプリ DMM株スマホアプリ(iPhone・Android)

(※:DMM 株は円貨決済のみで為替手数料が1ドルあたり25銭発生します)

DMM 株 公式サイト

SBI証券

SBI証券のサービス

SBI証券はトップクラスの口座開設数を誇る大手ネット証券会社です。Amazonを含む数多くの米国株式の取り扱いはもちろんのこと、国内株式の取引や投資信託、FX、先物オプション、iDeCoなど豊富な金融商品に対応。

SBI証券は各種サービスの手数料が低水準なのが大きな魅力。DMM 株のように米国株取引の手数料がすべて無料というわけではないですが、約定代金2.02ドル以下なら無料であり、2.02ドルを超えても約定代金の0.495%(税込)となっています。

また、SBI証券でリリースされた米国株アプリも要チェックです。銘柄の検索から注文、管理などの操作をスマホ上でスムーズに実行可能。デザイン性に優れていて扱いやすく、多彩な分析機能を備えたチャート機能も魅力です。米国株の取引に使える便利なスマホアプリをお探しの方におすすめ。

SBI証券 アマゾン株取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 約定代金2.02米ドル以下:無料
約定代金2.02米ドル超:約定代金の0.45%(税込0.495%)
(※上限手数料は税込22ドル)
取引単位 1株
取引時間 【標準時間】23:30〜翌6:00
【夏時間】22:30〜翌5:00
注文方法 指値注文、成行注文、逆指値注文

SBI証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券のサービス

楽天証券は楽天グループによる大手ネット証券です。Amazon株を含む多彩な米国株式に対応しており、取引手数料は無料〜約定代金の0.495%(税込)と低水準。楽天証券では米国ETFも取り扱っているのですが、こちらは投資応援のために買付手数料0円となっていて併せておすすめです。

楽天証券が多くのユーザーに支持される理由は業者の信頼感や知名度の高さ、対応商品の豊富さ、手数料の低さなどさまざま。これらに加えて高性能かつ使いやすい取引ツールの充実という点も要チェック。分析機能や保有銘柄の管理といった多くの面で優れており、PCツールもスマホアプリもぜひご活用いただきたいです。

また、楽天証券を利用されるならグループならではの特典もぜひご確認を。投信積立にて楽天カード決済を行えば、積立額の100円につき楽天ポイントが1ポイント貰えます。楽天カードをすでにお持ちの方も興味のある方も、お得にサービスを利用したい方はぜひご利用ください。

楽天証券外国株式600万口座記念キャンペーン

楽天証券外国株式600万口座記念キャンペーン

楽天証券が外国株式600万口座突破を記念して「米国株式取引手数料無料プログラム」を開催中です!新規口座開設した月とその翌月に限り、米国株(ETF/ETN含む)の買い・売りに必要な取引手数料をキャッシュバック、取引手数料が実質無料となります!

当プログラムは2021年7月1日以降に、楽天証券の証券総合口座を開設した方すべてが対象。NISA口座の取引は対象外となります。終了日は未定となっており、エントリーは不要。米国株式の取引を始めようと思われている方は要チェックです。

楽天証券 アマゾン株取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 2.22米ドル以下:無料
2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満:約定代金の0.495%(税込)
4,444.45米ドル以上:22米ドル(税込)
取引単位 1株以上、1株単位
取引時間 【標準時間】23:30〜翌6:00
【夏時間】22:30〜翌5:00
注文方法 指値注文、成行注文
PC取引ツール マーケットスピード(インストール型、Windowsのみ対応)、ウェブブラウザ取引
スマホアプリ iSPEED(iPhone・Android)

楽天証券 公式サイト

マネックス証券

マネックス証券のサービス

マネックス証券でもAmazonを含めた豊富な米国株を取り扱っています。米国株の銘柄数は個別銘柄とETF、ADRを含めて4,000銘柄以上。中国株も取り扱っており、こちらを合わせると6,000銘柄超の多彩な銘柄を購入することができます。

マネックス証券の米国株取引は手数料が低水準であることや、注文数量が豊富であることもポイント。成行注文や指値・逆指値注文に加えて、連続注文やトレールストップ注文といった形式にも対応。注文種類が豊富な業者を利用したい方におすすめです。

【マネックス証券】日中の米国株取引が可能!

また、マネックス証券は「委託取引」と「米国株国内店頭取引」、2つの取引形式に対応しているのが特徴的。前者の委託取引では最大12時間の取引が可能であり、立会時間に加えてプレ・マーケットとアフター・マーケットでも取引が行えます。標準時間であれば22:00〜翌10:00まで、夏時間なら21:00〜翌9:00という幅広い時間帯で取引可能ですので、この点を重視される方は要チェック。

米国株国内店頭取引は委託取引とは違い、マネックス証券が相手方となって取引を成立させるという取引形式になります。従来は委託取引のみだったのですが、この店頭取引に対応したことにより日中(日本時間12:00〜17:00)も取引可能時間に。取引時間の幅広さもマネックス証券のメリットです。

マネックス証券 アマゾン株取引(委託取引)の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 約定代金の0.495%(税込)
(※最低手数料は0米ドル、取引手数料上限は20米ドル)
取引単位 1株
取引時間 【標準時間】23:30〜翌6:00
【夏時間】22:30〜翌5:00
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、ツイン指値、連続注文、OCO注文、トレールストップ注文、トレールストップ注文(%)
PC取引ツール ウェブブラウザ取引ツール
スマホアプリ トレードステーション米国株 スマートフォン(iPhone・Android)

マネックス証券 アマゾン株取引(米国株国内店頭取引)の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 概ね1.5%のスプレッドを取引価格に加減
(※現地市場の終値より買付提示価格は概ね1.5%高く、売付提示価格は概ね1.5%低くなります)
取引単位 1株
取引時間 12:00〜17:00
注文方法 マネックス証券が提示した価格による取引
PC取引ツール ウェブブラウザ取引ツール
スマホツール ウェブブラウザ取引ツール

マネックス証券 公式サイト

PayPay証券

PayPay証券のサービス

PayPay証券は国内初のスマホ証券としてサービスを開始した証券会社です。スマホアプリを利用した取引が分かりやすく、かつ少額から日本株・米国株を購入できるので初心者の方におすすめ。

PayPay証券では約140銘柄の米国株式に対応しています。SBI証券や楽天証券などと比べると数では劣るのですが、PayPay証券は1,000円という少額から取引を始められるのがポイント。

米国株式を取引する場合は通常、1株単位で購入数量を選択するのですが、PayPay証券なら1,000円から購入金額を選ぶ形式になります。Amazonは1株単位でも金額が大きめですので、少額から取引を始めたい方はPayPay証券が要チェック。

PayPay証券 アマゾン株取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 取引価格に含む
取引単位 1,000円
(※PayPay証券は1株単位ではなく1,000円単位での取引となります)
取引時間 24時間
(※株式市場が休場の時間または売買状況により、一時的に株式が売切れて買付けできない・買取り枠の上限に達して売却できない場合があります)
注文方法 成行注文
PC取引ツール ウェブブラウザ取引ツール
スマホアプリ PayPay証券アプリ(iPhone・Android)

PayPay証券 公式サイト

 

アマゾン株のCFD対応業者を解説!

IG証券

IG証券のCFDサービス

Amazonを含む米国株の現物取引に対応している業者は多いのですが、米国株式のCFD取引に対応している業者は限られています。その限られた業者の中でも、CFD取引をするならIG証券がおすすめ。

IG証券はAmazonやアップルテスラなどのメジャーな銘柄の取引ができるのはもちろん、マニアックな銘柄も多数取り扱い。同社では株式CFDに加え、株価指数や商品のCFD取引にも対応しており、実に17,000以上もの銘柄でCFD取引が可能となっています。

また、IG証券は取引プラットフォームの機能性も大きなメリット。多彩な分析機能を備えたチャート分析や、便利なアラート機能、情報コンテンツも魅力です。スマホアプリも非常に秀逸な性能を誇りますので、スマホで取引されたい方にもおすすめ。

ただし、株価指数CFDや商品CFDなら取引手数料が無料なのですが、株式CFDに関しては取引手数料が設定されているという点はご留意を。片道で1株あたり2.2セントが設定されており、最低手数料は16.5ドルとなっています。

IG証券 アマゾン株CFD取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 片道:1株あたり2.2セント
最低手数料:16.5米ドル
取引単位 1株
取引時間 【標準時間】月~木曜18:00~翌10:00、金曜18:00~翌7:00
【夏時間】月~木曜17:00~翌9:00、金曜17:00~翌6:00
(※IG証券はアマゾン(Amazon)を含む米国株の一部銘柄にて、通常よりも延長した取引時間を設定しているため、取引時間の面で他社よりも有利となっています)
レバレッジ 5倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、IFO注文、スピード注文、トレーリングストップ、ノースリッページ注文
PC取引ツール ウェブブラウザ版取引システム(基本ツール)、ProRealTimeチャート(上級者向けツール)
スマホアプリ トレーディング・アプリ(iPhone・Android)

IG証券 公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券のCFDサービス

GMOクリック証券は東証一部上場のGMOインターネットグループによる大手ネット証券。新垣結衣さんが出演しているCMを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

GMOクリック証券はIG証券ほど銘柄数が多くないですが、当ページで紹介しているAmazonを含め、テスラNetflixなど魅力的な企業の株式でCFD取引が可能。他にも株価指数CFDや商品CFDなども取り扱っています。

IG証券やサクソバンク証券では株式CFDにて取引手数料が発生するのですが、GMOクリック証券なら手数料0円での取引が可能。スプレッドは発生しますが、それでも取引手数料0円というスペックは魅力的です。少ない取引単位からAmazon株のCFD取引を始めたい方におすすめ。

GMOクリック証券は他にも洗練された取引ツールが魅力であったり、大手ネット証券ならではの豊富な金融商品の取り扱いなどメリットが豊富。大手ネット証券でCFD取引をされたい方、CFD初心者の方はぜひGMOクリック証券をチェックしてみてください。

GMOクリック証券 アマゾン株CFD取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 無料(※)
取引単位 1株
取引時間 【標準時間】23:30〜翌6:00
【夏時間】22:30〜翌5:00
レバレッジ 5倍
注文方法 スピード注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール ブラウザ取引ツール、はっちゅう君CFD(インストール型)、プラチナチャート(ブラウザ対応の高機能チャートツール)
スマホアプリ GMOクリックCFD(iPhone・Android)

(※:取引手数料は無料ですがそれとは別にスプレッドが発生します)

GMOクリック証券 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券のCFDサービス

サクソバンク証券はデンマーク・コペンハーゲンに本社を構えるサクソバンクグループの日本法人。世界170ヶ国、80万人以上のユーザーに利用されるサービスを展開しています。取引ツールの性能が非常に高く、中上級者の方はもちろんプロからも支持される業者です。

サクソバンク証券は株式CFDを含めて多彩なジャンルに対応しており、合計で約9,000銘柄のCFD取引が可能となっています。Amazonを含む外国株式CFDが豊富に揃っているのはもちろんのこと、日本株CFDの銘柄が多いのも特徴。

額は異なりますが、IG証券と同様にサクソバンク証券でも株式CFDにて取引手数料が設定されています。取引金額×0.15%、最低でも5ドルの手数料が必要となりますのでご留意を。

サクソバンク証券 アマゾン株CFD取引の基本情報

口座開設手数料 無料
取引手数料 取引金額×0.15%
最低手数料:5米ドル
(※いずれも1注文あたり)
取引単位 1株
取引時間 【標準時間】23:30~翌6:00
【夏時間】22:30~翌5:00
レバレッジ 5倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、逆指値(指値)、逆指値(トレイリング追随型)、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール SaxoTraderGO(ブラウザ対応)、SaxoTraderPRO(インストール型)
スマホアプリ スマホ版SaxoTraderGO(iPhone・Android)

サクソバンク証券 公式サイト

 

CFD対応業者を総合的スペックで比較!
CFD取引対応のおすすめ業者を徹底比較!

当ページではアマゾン(Amazon)株のCFD取引できる業者に絞って紹介してきましたが、CFD取引対応の業者を総合的に比較しているページも用意しています。

CFD取引に対応している各社の取り扱い銘柄や取引手数料、各社の特徴などをまとめて紹介。CFDってそもそもどんな取引なの?と疑問を持たれている方に向けた解説も行っています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました