プラチナ(白金)先物/CFD取引対応!国内FX業者・証券会社特集!

プラチナCFD対応の業者を徹底比較

この記事では、プラチナ(白金)のCFD、先物取引に対応した国内FX業者や現物取引ができる証券会社を解説。プラチナの相場状況、今後の見通しなども合わせて解説していきます。

プラチナCFD/先物対応の業者一覧

取扱業者 取引方法 取扱銘柄数 貴金属関連銘柄 公式サイト
[IG証券]IG証券 CFD 17,000銘柄 プラチナ、金、銀、パラジウム、亜鉛、アルミニウム、鉄鉱石、NYHG銅、ニッケル、銅、鉛 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 CFD 9,000銘柄 プラチナ、金、銀、銅、パラジウム 詳細
[楽天証券]楽天証券 スポット取引
先物取引
3銘柄
4銘柄
【スポット】:プラチナ、金、銀
【先物】:プラチナ、金、銀、パラジウム
詳細
[SBI証券]SBI証券 スポット取引
積立取引
3銘柄 プラチナ、金、銀 詳細
[マネックス証券]マネックス証券 スポット取引
積立取引
3銘柄 プラチナ、金、銀 詳細

 

プラチナ先物のCFD取引ならIG証券!

IG証券のCFD取引

プラチナ先物のCFD取引をされたい方はIG証券の商品CFDにご注目を。

IG証券は、プラチナをはじめとした金、銀、パラジウムなどの貴金属銘柄のほか、銅やアルミニウムなどのベースメタルまで取引できる貴重な国内FX業者です

CFD銘柄は17,000銘柄以上に対応。これだけの銘柄数を取り扱いしているのは国内でもIG証券だけ。取引単位も小さく少額からプラチナへの投資が可能です。

プラチナが取引できる業者自体が少ないので、プラチナへの投資をお考えの方はIG証券が要チェック!

プラチナ(白金)とは?

プラチナ

プラチナはレアメタルと呼ばれる貴金属の1つです。和名では「白金」と呼ばれ、採掘量では金の20分の1程度しかない貴重な金属です。

主な産出国は南アフリカ共和国で全採掘量の約7割を占めます。プラチナの主な用途は工業向けと宝飾向けが大半です。特に、相場価格に影響を与えるのは自動車向けのプラチナ需要になります。

プラチナは主にディーゼル車の排ガス触媒としての需要がある貴金属です。パラジウムも同じく排ガス触媒としての需要があり、2016年以降はパラジウムがプラチナの代替品として活用されてきました。

もっとも、世界的な潮流として「脱炭素」の動きが強まっています。EUは2030年までにディーゼル車およびガソリン車の発売禁止を発表。中国も2060年までにCO2排出を実質ゼロに、米国では地球温暖化対策に積極的なバイデン氏が政策を進めています。

この流れを受けプラチナの排ガス触媒としての需要は減少していくとみられていますが、一方で「水素」と「燃料電池」のジャンルでプラチナの需要が高まるとされています。

プラチナは水素製造機や燃料電池の電極触媒としても利用される金属です。なかでもFCV(燃料電池自動車)はディーゼル車の約10倍ものプラチナが使用されます。

世界的な排ガス規制の動きと平行して、クリーンエネルギーの技術開発において重要な資源となっているのがプラチナです。


プラチナの相場状況

プラチナ

過去10年、プラチナ相場は長期的に下落トレンドを形成。2020年3月のコロナショックで一時、1トロイオンスあたり600ドルを割るところまで下落しました。

その後、世界経済の復興にともなう自動車向け需要の回復と世界的にEV車や燃料電池の需要が拡大したことから、2021年初めには1300ドルの高値を記録。

しかし、2021年の下半期に入り世界的な半導体不足によって、再び自動車向けのプラチナ需要が低下。その結果、現在では1000ドル前後で値動きをしている状況です。

プラチナ

上記は、パラジウムとプラチナの過去10年の価格変動率を比較したグラフです。パラジウムは過去10年で300%以上(約4倍)の値動きをしているのに対して、プラチナはマイナス30%とやや軟調な値動きをしています。

2020年のプラチナ価格上昇は高騰し過ぎたパラジウムからプラチナへと排ガス触媒を戻す動きが出たこと、投機筋(ETFへの資金流入)が高値圏を意識して買いから売りに転じたことなどが影響しています。

プラチナ相場の今後の見通し

プラチナ

2021年5月、英ジョンソン・マッセイはプラチナの世界需給見通しとして、供給が需要を19トン上回ると発表しました。供給が需要を上回るのは約3年ぶりです。

供給過多は価格の下落要因ですが、2022年には現在の半導体不足が解消されるとの見方があること、今後さらに燃料電池や水素関連でのプラチナ需要が増加していく見通しとなっている状況です。

ワールド・プラチナ・インベストメント・カウンシル(WPIC)のポール・ウィルソンCEOは「年初来、予想を超えるペースで経済活動が回復しており、プラチナの需要と供給の両方が増加している。このトレンドは年内続くと予想」と発言。

その他、突発的な要因がない限り需要と供給の両方が増えることでプラチナの取引量は増加していくとみられます。取引量の増加はトレードに良い地合いを形成してくれるため、今後のプラチナの動向には要注目です。

プラチナをCFD取引するメリット

プラチナのようなボラティリティの高い相場では、FX(外国為替)と比べて短期間で大きな値動きがあります。

この値動きをトレードチャンスに変えられるのがプラチナのCFD取引です。

CFD

CFD取引とは、差金決済取引のことで現物をやり取りせず売買差益のみをやり取りする取引方法。

プラチナの商品CFDでは、「最大20倍レバレッジ」「空売りが可能」「取引時間はほぼ24時間」という特徴があります。

商品CFDは基本的にFXと同じ要領で取引が可能です。証拠金を預け入れし、売り/買いのポジションを選択、決済を入れて利益確定という流れになります。

買いだけでなく、売りからも取引に入れるためプラチナのようにボラティリティの高い相場では、買い/売りの両方から値幅を狙うことができます

もちろん、レバレッジをかける分だけハイリスクハイリターンの取引とはなりますが、資金管理ツールやポジション量を調整すればリスクを抑えつつ大きな利益獲得が狙えます。

プラチナ先物CFDはいくらから取引できる?取引単位は?

プラチナ先物CFDはいくらから取引できる?取引単位は?

上記の画像はプラチナのCFD取引に対応しているIG証券の発注画面です。

IG証券ではプラチナの商品CFDに関して、ロットサイズに応じた銘柄を取り扱いしています。最小取引単位は0.5ロット、必要証拠金は約30,000円からプラチナのCFD取引が可能です。

  • IG証券NYプラチナ先物(10$)・・・必要証拠金:約30,000円
銘柄名 取引期限 最小ロット数 必要証拠金
NYプラチナ先物($10) 期限あり 0.5ロット 30,129円
NYプラチナ先物($50) 期限あり 1ロット 301,184円
ミニ・スポットプラチナ($10) 期限なし 1ロット 60,262円
スポットプラチナ($50) 期限なし 1ロット 301,335円

(※:2021年10月18日調査時点での最低証拠金額)

プラチナCFDの最大レバレッジは20倍です。大きくレバレッジをかけることで資金効率を飛躍的に高めることができるのもCFD取引のメリット。

原資産(CFDのレートを参照する銘柄)はNYプラチナ先物です。ニューヨーク証券取引所に上場しているプラチナ先物の価格を参照したレートで取引ができます。

プラチナ以外のCFD主要銘柄の取引単位は別記事でもまとめているので、気になる方はご一読ください。

次は、プラチナのCFD取引、現物取引、先物取引に対応した国内FX業者および証券会社を解説していきます。

 

プラチナ先物CFD対応業者を解説!

IG証券

IG証券のCFD取引

プラチナ先物のCFD取引に対応している数少ない国内業者の1つがIG証券です。

IG証券は、為替の本場イギリスのロンドンに本社を構えるIGグループの日本法人。創業45年以上に渡って全世界でFX/CFDサービスを提供しているリーディングカンパニーになります。

FXをはじめ、個別株、株価指数、商品など17,000種類以上のCFD銘柄を取り扱いしており、取扱銘柄数で右にでる証券会社は国内にありません

プラチナなどの貴金属関連では、金、銀、パラジウムなどの人気銘柄からアルミニウム、亜鉛、鉄鉱石などベースメタルまで対応しています。

プラチナのCFD取引は最小取引単位が小さいのも注目ポイント0.5ロット(必要証拠金約30,000円)から資金量に応じたトレードが可能です

IG証券

取引ツールは先進のHTML5で記述されたマルチデバイス対応のPC版ツールを提供。画面分割によるマルチタイムフレーム分析、充実のアラート機能、ロイターの最新ニュースやTwitterフィードもツール内で表示できます

PC版に負けず劣らずの機能性を搭載したスマホアプリも配信。さらに、IGグループが世界で初めて商品化した「ノックアウト・オプション」もプラチナの取り扱いがあります。

「豊富な取扱銘柄」「秀逸な取引ツール」「多彩な取引方法」の3拍子揃ったFX/CFD業者がIG証券です。プラチナのCFD取引をするならIG証券は要チェック!

IG証券 NYプラチナ先物CFD取引の基本情報

CFD銘柄 NYプラチナ先物(期限あり/期限なし)
取引単位 ドル建て:0.5ロットから
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引時間 07:00~06:00
維持証拠金率 5%〜16%(総ポジション数が増加すると維持証拠金率が上昇)
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、IFO注文、スピード注文、トレーリングストップ、ノースリッページ注文
PC取引ツール ウェブブラウザ版取引システム(基本ツール)、ProRealTimeチャート(上級者向けツール)
スマホアプリ トレーディング・アプリ(iPhone・Android)
CFD対応銘柄 株式CFD約12,000銘柄、株価指数CFD約40銘柄、商品CFD約70銘柄、債券先物CFD約10銘柄、その他
デモ取引

IG証券 公式サイト

IG証券で最大5万円キャッシュバックキャンペーン開催中!

IG証券

IG証券ではFX/CFD取引の新規口座開設キャンペーンを開催しています。期間中に1取引をするだけ(※)で5,000円がキャッシュバック。

FX/CFD業者のキャンペーンは適用条件が厳しいものが多いですが、IG証券のキャンペーンはハードルが低めです。別記事でも詳しく解説しているので、IG証券が気になる方はぜひチェックしてみてください!

(※:5,000円キャッシュバックの取引条件は初回取引のみですが、取引以外の部分としてキャンペーン登録などの条件達成も必要になります。詳しくは下記に掲載の記事をご確認ください。)

サクソバンク証券

サクソバンク証券のCFDサービス

サクソバンク証券もIG証券と同様、グローバルにFX/CFDサービスを提供している国内業者です。

国内外約9,000種類以上のCFD銘柄に対応。貴金属関連では、プラチナ、金、銀、銅、パラジウムの5銘柄で先物CFD取引が可能です。

サクソバンク証券はIG証券と異なり、外国株式/ETFの現物取引にも対応しています。日本株式約1,500銘柄、外国株式は業界最多水準の12,000銘柄以上を取り扱い。

現物取引とCFD取引の両方がサクソバンク証券の口座1つで取引できます。プラチナや金といった商品銘柄は株式相場にも相互に影響しあっています。

2021年10月4日からは外国株式の特定口座にも対応しているので、商品CFDだけでなく外国株式も取引される方はサクソバンク証券もおすすめ。

サクソバンク証券 プラチナ先物CFD取引の基本情報

CFD銘柄 プラチナ先物
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
レバレッジ 20倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、逆指値(指値)、逆指値(トレイリング追随型)、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール SaxoTraderGO(ブラウザ対応)、SaxoTraderPRO(インストール型)
スマホアプリ スマホ版SaxoTraderGO(iPhone・Android)
全CFD対応銘柄 株価指数CFD:25銘柄、商品CFD:19銘柄、株式CFD:約9,000銘柄、外国ETF/ETN CFD:820銘柄以上
デモ取引

サクソバンク証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券

楽天証券はプラチナの現物(スポット取引)と現物先物取引に対応している国内証券会社です。

プラチナの現物取引では、毎月1,000円からプラチナの現物を購入することが可能。1,000円刻みで金額が自由に設定できるため、資金量に応じてプラチナの現物に投資することができます。

楽天証券

また、一定数量(100グラム以上)が貯まったプラチナは現物受取サービスを利用すれば、自宅までプラチナの現物を郵送してくれます。

楽天証券

実際に自分が投資しているプラチナを手元で保管できるのは魅力的ですよね。郵送されるプラチナは純度99.95%以上のロンドンプラチナ・パラジウム市場(LPPM)の受渡供用登録のある認定バーかつ未流通の新品です。

自宅で保管するリスクはあるものの、手元でプラチナ地金に触れられるのは貴重な体験になるのではないでしょうか。

楽天証券では、プラチナの現物取引の他、現物先物取引にも対応しています。先物取引は現物の受け渡しを前提として、将来の価格を現時点で決める取引方法です。

先物取引は現物取引を異なり取引条件が独特なので、取引の際は公式サイトをよくご確認の上、お取引ください。

楽天証券 公式サイト

SBI証券

SBI証券

SBI証券でもプラチナの現物積立が可能です。SBI証券では定期買付のほかにも定量買付(最低1グラムから)に対応しており、グラム単位での買付ができます。

毎月指定日に自動的に買付と積立を行う自動積立の設定も可能なので、コツコツと毎月プラチナを積み立てていきたい方には最適。

SBI証券

SBI証券のプラチナ積立は取引手数料もリーズナブルです。手数料は買付時にかかる【買付約定代金×1.65%(税込)】だけ。売却時の手数料や年会費、保管手数料は一切かかりません。

プラチナのCFD取引に対応していないのは残念ですが、プラチナの現物を取引されたい方はSBI証券もおすすめです。

SBI証券 公式サイト

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券もプラチナの現物取引に対応している証券会社です。

基本的なサービス内容は楽天証券、SBI証券と同じです。1,000円単位からプラチナ地金を購入でき、100g単位または1000g単位で地金(プラチナバー)として引き出すことが可能。

マネックス証券

対応商品はプラチナ、ゴールド、シルバーの3銘柄です。マネックス証券もプラチナのCFD取引、先物取引には対応していません。

それぞれの業者によって取扱商品や取引方法が異なるので、自分が求める取引スタイルに応じて証券会社を選んでいただければと思います。

マネックス証券 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました