NYダウ先物(米国30)CFD対応業者を徹底比較!最低証拠金額やスプレッド、取引時間を比較

NYダウ先物(米国30)CFD対応業者を徹底比較!

ここでは、NYダウ先物(米国30)CFD対応の証券会社を徹底比較しています。NYダウのCFD取引に対応している業者を一覧表でまとめて紹介。「最低証拠金額・取引単位」「スプレッド・手数料」「取引時間」に焦点を当てた比較も行っています。

NYダウ先物(米国30)CFD対応業者をお探しの方や、株価指数CFDに興味のある方はぜひ当ページの情報を参考にしてみてくださいね。

 

IG証券タイアップ画像680

IG証券レポートWプレゼント開催中!「IG証券限定タイアップキャンペーン画像468」

NYダウ先物(米国30)CFD取り扱い業者比較

NYダウ先物(米国30)CFD取り扱い業者比較

NYダウ先物(米国30)CFD対応業者一覧

CFD取扱業者 取引手数料 取扱銘柄 業者の特徴 公式サイト
[IG証券]IG証券 株以外:無料
株:銘柄による
17,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
CFD銘柄が多彩
高性能PC・スマホツール
詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 無料 147銘柄
(株式、株価指数、商品、バラエティ)
大手ネット証券
初心者おすすめ
詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 株以外:無料
株:銘柄による
9,000銘柄以上
(株式、株価指数、商品、債券先物)
海外先物、外国株が豊富
プロ仕様の取引ツール
詳細
[楽天証券]楽天証券 無料 17銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券
MT4対応
詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 無料 26銘柄
(株価指数、商品)
MT4・MT5対応
オリジナルインジ豊富
詳細
[DMM CFD]DMM CFD 無料 13銘柄
(株価指数、商品)
DMMグループ
初心者おすすめ
詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 無料 9銘柄
(株価指数)
高機能ツール
少額から取引可能
詳細
[SBIネオトレード証券]SBIネオトレード証券 無料 32銘柄
(株式、株価指数)
SBIグループ
高機能ツール
詳細
[FOREX.com]FOREX.com 無料 17銘柄
(株価指数)
TradingView対応
ノックアウトオプション対応
詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 30円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
大手ネット証券
豊富なマーケット情報
詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 30円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
岡三証券グループ
多彩なツール提供
詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 15円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
ループ・イフダン対応
手数料が業界最安(※3)
詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) 33円/枚
(税込)(※1)
7銘柄
(株価指数、商品)
トラリピ対応
セミナー充実
詳細

(※1:SBI証券、岡三オンライン、ひまわり証券、マネースクエアのくりっく株365における上記手数料はNYダウの情報を記載しています)

 

株価指数18銘柄の取引単位を縮小!

サクソバンク証券が18銘柄の取引単位を縮小!

サクソバンク証券が株価指数CFD18銘柄を対象に、最低取引単位の縮小を実施しました。ナスダック100(米国N100種株価指数)、米国30(米国30種株価指数)などが対象。

CFD業者の取引単位を徹底比較!

上記画像はサクソバンク証券の公式サイトより抜粋した、旧取引単位と新取引単位の比較表になります。

ナスダック100や米国30に関しては、従来の100分の1となる数量から取引が可能に!少額取引を希望される方は要チェックです。

最低証拠金・取引単位を比較

CFD取扱業者 最低取引数量 最低証拠金額 レバレッジ 公式サイト
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 0.01単位 4,800 最大10 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 0.01単位 5,400 最大10 詳細
[IG証券]IG証券 0.1単位 32,900 最大10 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 0.1単位 48,500 最大10 詳細
[楽天証券]楽天証券 0.1単位 48,500 最大10 詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 0.1単位 48,500 最大10 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 0.1単位 48,500 最大10 詳細
[SBIネオトレード証券]SBIネオトレード証券 0.1単位 48,500 最大10 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) (※1) 10,360 変動制 詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) (※1) 10,360 変動制 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) (※1) 10,360 変動制 詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) (※1) 10,360 変動制 詳細

(※:2022年11月1日時点に確認した銘柄の価格、ドル円レートを元に算出した最低証拠金を掲載しています。IG証券のみ取引画面で確認した維持証拠金を掲載しています。ヒロセ通商は公式サイトで公開されている最低証拠金額を掲載しています。必要証拠金は常に変動しますので、実際に取引される際は最新の情報をご確認ください)
(※:くりっく株365の最低証拠金額は東京金融取引所が算出している2022年10月31日〜2022年11月4日の期間における証拠金基準額を掲載)
(※1:くりっく株365では株価指数の数値×10円から取引可能です)

 

各社の最低証拠金額・レバレッジについて
各社の最低証拠金額について

NYダウのCFD取引を取り扱っている業者は、店頭取引の対応業者と取引所取引(くりっく株365)とに分類できます。店頭取引に対応しているのはGMOクリック証券やIG証券などで、取引所取引(くりっく株365)はSBI証券や岡三オンラインで利用可能。

店頭取引にて、NYダウを含む株価指数CFDはレバレッジが「最大10倍」となっています。これに対して、くりっく株365では最大倍率は決められておらず、東京金融取引所が証拠金基準額を毎週算出し、レバレッジ倍率は数倍〜数十倍に変動する仕組み。

店頭取引の各社では「NYダウCFD銘柄の価格 × ドル円レート × 取引単位 × 証拠金率」という計算で必要証拠金が算出できます。

くりっく株365では「株価指数の価格 × 10円」から取引可能となっているのが特徴的。店頭取引ではドル円レートの変動が影響するのですが、くりっく株365は為替レートの上下を気にしなくてもいいというメリットがあります。

当ページではNYダウ先物(米国30)の取引単位・最低証拠金のみ掲載していますが、別ページではNYダウを含むCFD主要銘柄の取引単位をまとめています。興味のある方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

スプレッド・手数料を比較

CFD業者 スプレッド方式 スプレッド スプレッド変動幅 取引手数料 公式サイト
[IG証券]IG証券 変動制 4.8 2.4~9.8 無料 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 変動制 4.5 3.0~7.0 無料 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 変動制 4.5 2.5〜5.5 無料 詳細
[楽天証券CFD]楽天証券CFD 変動制 5.0 3.5〜7.2 無料 詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 変動制 2.0 2.0〜2.4 無料 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 変動制 5.0 5.0〜5.0 無料 詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 変動制 3.0 3.0〜3.5 無料 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 変動制 7.0 4.0〜22.0 30円/枚(税込) 詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 変動制 7.0 4.0〜22.0 30円/枚(税込) 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 変動制 7.0 4.0〜22.0 15円/枚(税込) 詳細
[マネースクエア]マネースクエア 変動制 7.0 4.0〜22.0 33円/枚(税込) 詳細

(※:「スプレッド」項目に記載している各社の数値は2022年11月1日時点に公式サイトまたは取引ツールで確認した主なスプレッドです。「スプレッド変動幅」には公式サイトまたは取引ツール上で確認した変動幅を記載しています。これらの業者のスプレッドは常に変動しますので、最新の情報は取引画面でご確認ください)

取引時間を比較

CFD取扱業者 冬時間 夏時間 公式サイト
[IG証券]IG証券 24時間 24時間 詳細
[GMOクリック証券]GMOクリック証券 8:00〜翌6:15 7:00〜翌5:15 詳細
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 8:00〜翌7:00 7:00〜翌6:00 詳細
[OANDA Japan]OANDA Japan 8:00〜翌7:00 7:00〜翌6:00 詳細
[楽天証券]楽天証券 8:00〜翌6:55 7:00〜翌5:55 詳細
[DMM CFD]DMM CFD 月曜=9:00〜翌6:15
火〜金曜=8:00〜翌6:15
月曜=8:00〜翌5:15
火〜金曜=7:00〜翌5:15
詳細
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 8:00〜翌7:00
(土曜は6:30まで)
7:00〜翌6:00
(土曜は5:30まで)
詳細
[SBIネオトレード証券]SBIネオトレード証券 8:00〜翌6:50(※1) 7:00〜翌5:50(※1) 詳細
[SBI証券(くりっく株365)]SBI証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[岡三オンライン(くりっく株365)]岡三オンライン(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[ひまわり証券(くりっく株365)]ひまわり証券(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細
[マネースクエア(くりっく株365)]マネースクエア(くりっく株365) 8:30〜翌6:00 8:30〜翌5:00 詳細

(※:いずれも月曜〜金曜の営業日における取引時間を掲載)
(※1:SBIネオトレード証券は、火曜~土曜の6:50~8:00(夏時間は5:50〜7:00)の時間帯はメンテナンスのためレート配信が行われません)

NYダウ先物(米国30)のCFD取引とは?

NYダウ先物(米国30)のCFD取引とは?

NYダウ(ニューヨークダウ)は「世界で最も有名な株価指数」とも言われ、米国のNY証券取引所とNASDAQに上場している企業の内、金融や情報・通信業、飲料、航空機、半導体などさまざまな業種を代表する30社の株価を元に算出される株価指数です。2021年8月3日時点における構成銘柄は以下の通り。

NYダウ構成銘柄一覧

Apple、インテル、マイクロソフト、メルク、セールスフォース、シスコシステムズ、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス、IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、NIKE、JPモルガン・チェース、ユナイテッド・ヘルス・グループ、アムジェン、マクドナルド、P&G、ボーイング、Visa、3M、ウォルト・ディズニー、ハネウェル・インターナショナル、ベライゾン・コミュニケーションズ、ゴールドマン・サックス・グループ、ウォルマート、アメリカン・エキスプレス、コカ・コーラ、ダウ、シェブロン、キャタピラー、ホーム・デポ、トラベラーズ

Appleやマイクロソフト、マクドナルド、ウォルト・ディズニーなど日本でも広く認知されている企業が多く含まれています。NYダウの影響力は非常に大きく、NYダウ先物の取引をされない場合でも、FX取引を行う際にNYダウ先物の値動きを確認するという方は多いです。

NYダウは米国を代表する30社で構成されているため、分散効果を得られることや、取引する銘柄を選ばなくて済むといった利点があります。

CFD取引では、そんなNYダウ先物を原資産として資金効率の良い取引が可能となります。では次に、NYダウ先物のCFD取引についてお伝えします。

IG証券のツールで表示したチャート
IG証券のツールで表示したチャート(2022年11月1日時点)
「CFD取引」の特徴・メリット
  • レバレッジをかけて少ない資金で取引できる!
  • 取引可能時間が長い!IG証券は24時間取引可能!
  • 買いからも売りからも取引を始められる!

CFD取引は「差金決済取引」であり、現物を保有することなく値動きにより生じる価格差から損益が発生する金融商品です。FX取引もCFD取引の一種。

CFD取引はレバレッジをかけられるのが大きな特徴。GMOクリック証券やIG証券では最大10倍のレバレッジを利用可能、SBI証券や岡三オンラインのくりっく株365なら数倍〜数十倍のレバレッジを利用可能で、資金効率の良い取引が行えます。具体的にいくらから取引可能なのかはこちらの比較表に掲載していますのでご参照ください。

また、CFD取引は取引時間の長さも特徴の1つ。NYダウ先物のCFD取引に関しては、IG証券なら各営業日にて24時間、GMOクリック証券なら午前8時〜翌午前6時15分(夏時間は午前7時〜翌午前5時15分)という広い時間帯で取引可能となっています。土日を除く祝日も取引できるのもポイント。各社の取引時間はこちらの比較表をご確認ください。

CFD取引のメリット

CFD取引はFXのように、買いからも売りからも注文を始められるという特徴も持ちます。NYダウ先物の上昇相場はもちろん、下落相場でも利益を狙うことが可能。

CFD取引を利用するには、CFD取引を取り扱っている業者での口座開設が必要になります。当ページではGMOクリック証券やIG証券、楽天証券などを紹介していますが、いずれも口座開設手数料は無料。申込フォームの入力や本人確認などの手続きを行えば、口座開設が可能です。

ちなみに、NYダウ先物を原資産とするCFD取引では、NYダウとは異なる名称で提供されています。たとえばIG証券では「ウォール街株価指数」、GMOクリック証券では「米国30」、OANDAでは「US30」。

当ページではNYダウ先物のCFD取引を特集していますが、株価指数CFD銘柄は他にも日経225やナスダック100などがあります。それぞれの特集ページもありますので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

NYダウ以外の株価指数CFD特集ページ

日経225(日本225)CFD対応の証券会社を徹底比較!証拠金、スプレッド、取引時間などを解説
日経225CFD特集
ナスダック100先物(NASDAQ)CFD対応業者を比較!買い方、スプレッド、証拠金なども解説
ナスダック100CFD特集
S&P500先物(米国500)CFD対応の証券会社を徹底比較!IG証券やGMOクリック証券のスペックを紹介
S&P500CFD特集

NYダウCFD対応おすすめ業者はココ!

NYダウCFD対応おすすめ業者はココ!

最後に、NYダウ先物(米国30)CFD取引におすすめの業者をご紹介します。NYダウ先物(米国30)を含むCFD銘柄の取り扱い数、取引ツールの使いやすさ、業者自体の特徴などを考慮してピックアップ。気になる業者があれば公式サイトもチェックしてみてくださいね。

IG証券

IG証券のCFDサービス

IG証券はロンドンに本拠地を構えるIGグループの日本拠点です。IGグループは45年以上の歴史を持つ金融サービスプロバイダー。非常に多くの銘柄を取り扱っているのが特徴で、IG証券ではNYダウ先物のCFDを含む17,000以上もの銘柄に対応しています。

IG証券では「ウォール街株価指数」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。最低取引数量の見直しが行われて0.1ロットから取引でき、原則24時間取引可能という自由さも魅力です。

ちなみに、当ページでは円建て銘柄を取り上げていますが、IG証券ではドル建ての「ウォール街株価指数」もご利用いただけます。

また、IG証券はCFD取引だけでなく、ノックアウトオプション、バイナリーオプションでも株価指数銘柄を取引できるのが特徴的。ノックアウトオプション、バイナリーオプションと聞いてピンときた方は要チェックです。

IG証券レポートWプレゼント開催中!「IG証券限定タイアップキャンペーン画像468」

IG証券 NYダウ先物CFDスペック表

対応銘柄 ウォール街株価指数(ダウ平均)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位
取引時間 24時間
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、IFO注文、スピード注文、トレーリングストップ、ノースリッページ注文
PC取引ツール ウェブブラウザ版取引システム(基本ツール)、ProRealTimeチャート(上級者向けツール)
スマホアプリ トレーディング・アプリ(iPhone・Android)
デモ取引
NYダウ先物以外のCFD銘柄 株価指数CFD:約40銘柄
株式CFD:約12,000銘柄
(日本株250銘柄以上、外国株約12,000銘柄)
商品CFD:約70銘柄
債券先物CFD:約10銘柄

IG証券 公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券のCFDサービス

GMOクリック証券は東証プライム市場上場のGMOインターネットグループの大手ネット証券です。GMOクリック証券はCFD取引を含めて多彩な金融商品を取り扱っており、取引コストが低水準、最先端の技術が活かされた取引ツール、初心者にも分かりやすい環境といった魅力を兼ね備えています。

GMOクリック証券では「米国30」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。取引単位は0.1単位(CFD価格の0.1倍)でIG証券などと同一です。スプレッドは変動制となっていますが、他社と比べて比較的低水準の傾向。

GMOクリック証券のメリットは多いですが、中でもおすすめなのがスマホアプリです。CFD専用アプリの「GMOクリック CFD」は機能面もデザイン面も優れており、注文機能が使いやすいのはもちろんなのですが、チャート機能がとにかく便利。使いやすいスマホアプリを探している方は要チェックです。

GMOクリック証券 NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 米国30(NYダウ先物)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位(CFD価格の0.1倍)
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:15
夏時間:7:00〜翌5:15
レバレッジ 最大10倍
注文方法 スピード注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール ブラウザ取引ツール、はっちゅう君CFD(インストール型)、プラチナチャート(ブラウザ対応の高機能チャートツール)
スマホアプリ GMOクリックCFD(iPhone・Android)
デモ取引
NYダウ先物含むCFD銘柄 147銘柄(株価指数、商品、株式、バラエティ)

GMOクリック証券 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券のCFDサービス

サクソバンク証券では「米国30種株価指数」という名称で、NYダウ先物のCFD取引が提供されています。同社ではダウ先物を含む約9,000もの銘柄でCFD取引が可能。

株価指数CFDに関しては最低取引数量の見直しが実施され、米国30種株価指数に関しては0.01単位から取引を始められます。他にもナスダック100のCFD取引も0.01単位から取引できますので、少額取引をしたい方にもおすすめ。

サクソバンク証券のCFDサービス

サクソバンク証券でぜひ注目していただきたいのが、同社の高機能ツールです。「SaxoTraderGO」はPCやiPad、スマホなど多彩なデバイスに対応。どの端末で利用しても、60種類以上のテクニカル指標など多彩な分析機能をご利用いただけます。

CFD銘柄の豊富さを重視したい方、NYダウ先物のCFDを少額から始めたい方、高機能プラットフォームを利用したい方はサクソバンク証券が要チェック。

サクソバンク証券 NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 米国30種株価指数
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.01単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌7:00
夏時間:7:00〜翌6:00
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、逆指値(指値)注文、逆指値(トレイリング追随型)注文、OCO注文、IFD-OCO注文
PC取引ツール SaxoTraderGO(ブラウザ対応)、SaxoTraderPRO(インストール型)
スマホアプリ スマホ版SaxoTraderGO(iPhone・Android)
デモ取引
NYダウ先物含むCFD銘柄 約9,000銘柄(株価指数、商品、株式、債券)

サクソバンク証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券のCFDサービス

楽天証券は楽天グループによる大手ネット証券です。同社はCFD取引を含め多彩な金融商品を取り扱っており、情報配信コンテンツも充実していて投資初心者の方にもおすすめの業者。CFD取引は対応していませんが、楽天ポイントで国内株式が買えるポイント投資に対応していたり、投資信託積立の決済方法に楽天カードを使えるといった楽天ならではのメリットも兼ね備えています。

楽天証券では「US30(米国30)」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。スプレッドは変動制となっており、取引単位はGMOクリック証券やOANDAと同じ0.1単位となっています。

楽天証券はNYダウ先物のCFDを含む証券CFD7銘柄に対応、これに加えて金と銀、原油の商品CFDにも対応しています。また、同社のCFD取引は「MT4」に対応しているのも特徴。楽天証券は今後のサービス拡大にも注目です。

米国株価指数CFDキャンペーン!
米国株価指数CFDキャンペーン!

楽天証券では現在「【CFD】米国株価指数CFDキャッシュバックキャンペーン」を開催中です!キャンペーン期間中、米国株価指数CFD(US30、US500、NAS100)の新規取引1ロットごとに8円をキャッシュバック。キャッシュバック金額は上限なしです!

キャンペーン参加はエントリー必須。US30(米国30)などの米国株価指数に取引したい方は、この機会をお見逃しなく!

楽天証券 NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 US30(米国30)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:55
夏時間:7:00〜翌5:55
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、IF-DONE注文、IF-OCO注文、ワンクリック注文、トレーリングストップ注文
PC取引ツール MT4(インストール型)
MT4 Web(ブラウザ対応)
スマホアプリ スマホアプリ版MT4(iPhone・Android)
デモ取引
NYダウ先物含むCFD銘柄 証券CFD:12銘柄
商品CFD:5銘柄

楽天証券 公式サイト

OANDA Japan

OANDA JapanのCFDサービス

OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)は世界各地で金融サービスを展開するOANDAグループの日本法人。FXを中心としてCFD取引も提供しており、公平・公正な取引環境に注力するなど洗練されたサービスを展開しているのが特徴です。

OANDAでは「US30(米国ウォールストリート株価指数30)」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。取引単位はGMOクリック証券やIG証券と同一です。変動制スプレッドを採用していますが、比較的低水準の傾向にあるのがポイント。

また、OANDAは「MT4」「MT5」にてCFD取引を利用できるのが大きな特徴となっています。世界中のトレーダーに長年愛用されてきた「MT4」と、さらに機能がアップデートされた「MT5」、いずれも無料で好きな方をご利用いただけます。

OANDA NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 US30(米国ウォールストリート株価指数30)
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌7:00
夏時間:7:00〜翌6:00
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、トレーリングストップ注文、If Done注文、OCO注文
PC取引ツール MT4(インストール型)、MT5(インストール型)、ウェブ版MT4(ブラウザ利用)
スマホアプリ スマホアプリ版MT4、MT5(iPhone・Android)
デモ取引 〇(※MT5のみ対応)
NYダウ先物含むのCFD銘柄 株価指数CFD:16銘柄
商品CFD:10銘柄

OANDA Japan 公式サイト

DMM CFD

DMM CFDのCFDサービス

DMM CFDはバラエティ豊かなサービスを展開するDMMグループの一員。DMM CFDは厳選された7銘柄のみ取り扱っており、シンプルな使い勝手の取引ツールを提供、電話・メール・LINEによる充実のサポート体制を整えてもいますので、初心者の方におすすめです。

DMM CFDでは「米国NYダウ30/USD」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。DMM CFDもGMOクリック証券や楽天証券と同じく取引単位は0.1単位となっています。

DMM CFD NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 米国NYダウ30/USD
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.1単位(1ロット)
取引時間 冬時間:月曜=9:00〜翌6:15、火〜金曜=8:00〜翌6:15
夏時間:月曜=8:00〜翌5:15、火〜金曜=7:00〜翌5:15
レバレッジ 最大10倍
注文方法 即時注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文
PC取引ツール DMMCFD STANDARD(ブラウザ対応、iPadでも利用可能)、DMMCFD PLUS(ブラウザ対応、高機能取引ツール)、プレミアチャート(チャート機能特化のブラウザツール)
スマホツール DMMCFD スマホ(ブラウザ対応)
デモ取引 ×
NYダウ先物含むCFD銘柄 株価指数CFD:7銘柄
商品CFD:6銘柄

DMM CFD 公式サイト

ヒロセ通商

ヒロセ通商のCFDサービス

ヒロセ通商はFXサービス(LION FX)をメインとする業者で、CFD取引サービス(LION CFD)も提供しています。同社では「米国D30」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。

ヒロセ通商の米国D30は最低取引数量が少ないのが特徴であり、サクソバンク証券と同じく0.01単位から取引を始められます。少額取引を希望される方におすすめ。

LION CFDはFXサービスで培われたノウハウが活かされており、特にPCツール・スマホアプリが高機能であり操作性も快適です。ヒロセ通商のFXは注文方法の多さにも定評があり、CFDでもトレール注文やドテン注文などを利用可能。

ヒロセ通商 NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 米国D30
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.01単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌7:00(土曜は6:30まで)
夏時間:7:00〜翌6:00(土曜は5:30まで)
レバレッジ 最大10倍
注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IF-DONE注文、IF-OCO注文、トレール注文、ストリーミング注文、ワンクリック注文、クイック注文、決済pip差注文、ドテン注文
PC取引ツール LION CFD C2(インストール型)
スマホアプリ LION CFDアプリ(iPhone・Android)
デモ取引
NYダウ先物含むCFD銘柄 9銘柄(株価指数)

ヒロセ通商 公式サイト

LINE CFD

LINE CFD

LINE CFDはライトユーザー向けのサービスを展開している「LINE証券」によるCFD取引。LINE CFDも初心者おすすめの環境が整っており、少額取引対応や使いやすいスマホアプリなどが魅力です。

LINE CFDでは「米国30先物」という名称でNYダウ先物のCFD取引を提供。この米国30先物も最低取引数量が少なく、0.01単位から取引を始められます。

米国30先物以外の銘柄も少額から取引可能であり、米国株CFDは複数の銘柄を0.1株から取引できます。AppleやAmazonなどの個別株を少額から取引したい方は要チェック。

LINE CFD NYダウ先物(米国30)CFDスペック表

対応銘柄 米国30先物
取引手数料 無料
スプレッド方式 変動制
取引単位 0.01単位
取引時間 冬時間:8:00〜翌6:05
夏時間:7:00〜翌5:05
レバレッジ 最大10倍
注文方法 ストリーミング注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFD-OCO注文、全決済注文
PC取引ツール LINE CFD Pro(ブラウザ対応)
ブラウザ取引画面(ブラウザ対応)
スマホアプリ LINE CFDスマホアプリ(iPhone・Android)
LINE CFD ライト版
デモ取引 ×(※ゲストモードでの取引画面閲覧は可能)

NYダウ先物のCFDに関するよくある質問

NYダウ先物CFD(米国30)を扱っている業者は?

「IG証券」「GMOクリック証券」「サクソバンク証券」「楽天証券」など複数の業者で、NYダウ先物を含む株価指数CFDを取引できます。取り扱い業者を一覧表にまとめていますので、そちらもご参照ください。

NYダウ先物(米国30)CFD対応業者一覧はこちら!

NYダウ先物CFDのスプレッドは?

「IG証券」「GMOクリック証券」などは変動制スプレッドを採用しています。当記事では、調査時点における各社のスプレッド情報を一覧表にまとめていますので、そちらをご参照ください。

NYダウ先物CFDのスプレッド比較はこちら!

NYダウ先物CFDはいくらから取引できる?

いくらから取引できるか(最低証拠金額)は、取引のタイミングや各社の取引ルールによって異なります。当記事では、各社の最低取引数量と、調査時点における各社の最低証拠金額を一覧表にまとめています。そちらをご参照ください。

NYダウ先物CFDの最低証拠金・取引単位比較はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました